気のせいの木

みとめあうことからはじめよう


c0076759_2043551.jpg



お互いの存在を




そうすれば

それぞれの正義は 喧嘩せず
手を繋いでいけるんじゃないかな

なんかゆがんでる
リスク回避も批判もいいけど


お互いをみとめあう


すべてはそこから 歩いていこうよ

ひとりじゃないんだよ

未来を変えていくのは 僕たち
子どもたちの未来を支えているのも 僕たち

社会の中の自分  自分の中の社会
そのギャップを埋めるために

今の自分に出来ること 見つめなおそう

やり切れず憎んだり 拒絶したり
多くの矛盾に 押しつぶされそうになっても


RADWIMPS  「愛し(かなし)」  

誰かを愛せたあの時の気持ちでいつもいれたら
誰かを傷つける言葉もこの世にはなかっただろうなあ

満ちていて 枯れていて 心はいつも誰かを
つきはなして また求めて いつも時のせいにして

傷つけてきた人の顔にだけモザイクをかけて また心は愛を探す
愛されるそのためだけに優しさはあると
恥ずかしがることもなくそれを人と呼んだ

愛しているという声が 泣いているように聞こえた
心がいつか嘘をつくのを 僕はどこかで知っていたの

もっと自分を好きになれ ってくらい人に優しい君へ
自分のために使う心 残ってるの?

僕はダメなの 僕の心 僕だけのために使うものなの
こんな僕をなぜ愛しく 思えるの?

(湛えて こらえて あふれて)
君のまぶたは 僕が自分のために いつも嘘をつくたび ただ涙こぼすの
(生まれて くる前からわかっていた)
神様は知ってた 全てこうなることを そして君の瞳 大きく作ったの

そこから見ていたの 知ってたの いつでも僕は僕のことを
誰より何より 一番好きなのを

それなのに それなのに 君の言葉は言う こんな僕に
誰より何より 僕が愛しいと言う

君はそれを優しさと 呼ぶことさえ知らずに

君の いつだって 誰かのためにあった心はいつも
どれだけの自分を愛せただろう

僕に いつだって優しくしすぎていた僕はいつも
どれだけの 「誰かを」 愛せただろう

言葉はいつもその人を映したがってた
神様はなぜこんな近くに言葉を作ったの?

心はいつも言葉に隠れ黙ってた
神様はなぜこんな深くに心を作ったの?

心と言葉が重なってたら 一つになったら
いくつの君への悲しい 嘘が優しい色になってたろう

(I was here to tell you why)
みんなそう 自分のためだけにいつも 「誰か」 がいる
(You were here to tell me why)
じゃあその 「誰か」 のためにはなんで僕はいないの?

君はそう きっとそう 「自分より好きな人がいる」 自分が好きなの
今は 言えるよ 「自分より好きな君がいる」 今の僕が好き

人が人のために流す涙 それこそが愛の存在の証だ
それを教えてくれたのは君だ 君が作った僕の心は

「誰がために それが僕のために」 今は言えるそれがありのままに
生きてくことだと それが人なんだと

僕はそれを優しさと 呼ぶことはもうしないよ

君の いつだって誰かのためにあった心はきっと
そんな自分を愛したのだろう

僕も いつかは愛せるかな 君のようになれるかな
僕はどれだけの 「誰かを」 愛せるかな

泣いたね 君は泣いたね 心が 「泣いて」 と叫ぶまま
僕を嫌いにならないように そう祈るように

君は愛したね 人を愛したね 心が枯れそうになるまで
君の分まで 君のため 枯れるまで

愛しているという声が 泣いているように聞こえた
心がいつか人を救うのを 君はいつでも 知っていたの
  
[PR]
by kinosei69 | 2007-08-06 12:38 | つぶやき